リサイクルトナーとは

レーザープリンターやコピー機は、業務のためになくてはならないものです。
Faxと共用になっていることもありますので、連絡危機として重要なポジションにあることは間違いないでしょう。
大事な機器ではありますが、問題となるのは、そのランニングコストです。


現在のプリンター業界を見ると、大きな問題となるのは、本体の価格とその後のランニングコストにあります。
本体の価格は、イニシャルコストとも呼ばれる導入コストになりますが、びっくりするほど安くなってきていることに気が付くでしょう。
インクジェットプリンターなどでは、1万円台でかなりの性能を手に入れることができます。
レーザープリンターやコピー機も、レンタルするのではなく購入することもできるほどの価格帯になってきているのです。


しかし、使っているうちに気が付くのは、そのランニングコストの高さになるでしょう。
消耗品を交換しようと思ったら、イニシャルコストの1/2~1/4になってしまうことさえあるのです。
数回使えば、新品の本体が変えてしまうこともあるのですから、たまったものではありません。


そこで、ランニングコストを下げるために、純正トナーからリサイクルトナーに変えるところも増えました。
ですが、いったい何が違うのか、そこまで把握されていないところも多いのが実情です。
本当にランニングコストに貢献できるものなのか、その性能も併せ考えてみてはいかがでしょうか。
ただ安いだけと思っていたことが、真実かどうか見えてくるでしょう。


[PICK UP]
安くて上質なトナーカートリッジをお探しの方は、こちらの通販サイトをご覧下さい・・・トナーカートリッジ